データコントロルズ 光通信、運輸、情報、エネルギーのネットワーク インフラのメディア変換製品の設計・開発・販売をトータルサポート


HOME【広域温度対応】モデル産業用スイッチ&コンバータの事例集 > 監視と制御:イーサネットとSCADAオートメーションシステム統合でコスト削減
サイト内検索 powered by Google

監視と制御:イーサネットとSCADAオートメーションシステム統合でコスト削減

監視と制御:イーサネットとSCADAオートメーション
システム統合でコスト削減

工場の自動化された生産ラインではリアルタイムで正確な情報が必要です。 従来、工場の通信には無線および
シリアル接続が使用されていましたが、イーサネットとSCADAオートメーションシステムの統合により、
そのような通信はさらに効果的になります。 ORing社には、産業用ネットワーク通信に適した製品があります。
PoEイーサネットスイッチおよびデバイスサーバー–従来のシリアルデバイス(RS485タイプを含む)をより堅牢な
イーサネットネットワークに接続します。
このようにアップグレードすることで工場の管理責任者は、安定且つ迅速な冗長リングによるバックアップ保護に加えて、
データ帯域幅が大幅に拡大するため、リアルタイムの生産データを高速かつ確実に取得できます。
全体的な結果として作業効率を大幅に改善し、コストの削減を実現します。


  • 監視と制御:イーサネットとSCADAオートメーションシステムのアプリケーション例

自動車組み立て工場内の監視システムのアプリケーション例

  • 使用されている機器一覧

RES-9242GC:産業⽤26 ポート管理機能付イーサネットスイッチ
24x10/100Base-T、2x10/100/1000Base-T(X) 、100/1000Base-X SFP ポート

IDS-312L:1 ポート PoE P.D デバイスサーバ(1xRS-232/422/485、2x10/100Base-TX)

ORIO-G30218 シリーズ:2x シリアルポート、RS-232/RS422/4W-RS485/2W-RS485


ページの先頭へ