サイト内検索 powered by Google

【リアルタイム監視及び通信】 ロンドンの地下鉄

リアルタイム監視及び通信:ロンドン地下鉄


ロンドンの鉄道のリアルタイム監視及び通信



ロンドンの鉄道会社は通勤路線の一部を乗客の為に【より安全な運行と利便性を強化】することを検討していました

そこで大手CCTVメーカーと関連企業はORing社のEN50155準拠イーサネットスイッチTES-150-M12を車両内の

ネットワークの構築に採用。現在TES-150-M12は電車内の主なイーサネット通信基幹として採用されています。



  • プロジェクトの構造



各車両に搭載されたTES-150-M12はDVR(ハイブリッドデジタルビデオレコーダ)【OTMR車両内監視レコーダー】)に接続され、

3Gルータ付PCを組込んでいます。CCTVシステムは4つの車両に各2台のアナログカメラを搭載し、映像監視を行います。

車両後方進行方向に向かって取付られたカメラは線路上の異常接近や障害を検知します。もう1台のカメラは車両の屋根の中央部に

設置され、パンタグラフの動作を監視します。それらのカメラから撮影された映像は各車両のDVRへと送信され、

保存されます。ORing社のTES-150-M12を基幹回線に配置することで、信頼性に優れたイーサネット接続を実現します。

収集された全データは3Gネットワークを経由して管理センターに送信されます。



  • プロジェクトの必須条件



●車両内監視レコーダ(OTMR)のデータのリアタイム監視及びライブ通信

●維持管理を容易にするCCTVのリアルタイム監視(不具合検知・障害発生は60秒以内に自動的に通知)

●全車両のどのビデオシステムからもライブ映像/ビデオ配信が可能

●現場に行くことなく保存された映像データのオンラインチェックが可能



  • アプリケーション例


リアルタイム監視及び通信:ロンドン地下鉄


ページの先頭へ